2012年05月17日

ヒゲ〜ルさんが少しかっこよくなりました

__ 1.JPG

いつもゆかいなさかなの入り口で、みなさんをお出迎えしているヒゲ〜ルさん。
時々、「あのおじさん怖〜い!!」と小さなお子さんに泣かれちゃったりもするのですが、
ゆかいなさかなの大切な看板おじさんとして、お店のオープンから欠かせない存在となっています。

5年前、ドイツから船でやってきたヒゲ〜ルさんはもともと全て白木でした。
それをさかなふたりでせっせと色塗りし、髪の毛やひげも手作りし完成させたのですが
気が付けば随分と傷みが目立つようになりました。

__ 2.JPG

あの頃の輝きを取り戻すため、まずはすっかりボリュームダウンした髪の毛の再生、
そして2年前、強風で飛んでいってしまったあごヒゲの再生に取り掛かりました。
くるみ割り人形の毛の部分は「ウサギの毛」が使われていることが多く、
このヒゲ〜ルさんにも、もともとはウサギの毛で作られた
立派な髪の毛とヒゲがセットになっていました。
しかし、外に出しっぱなしにしているので「ウサギの毛ではもったいない!!」と
毛糸で手作りしています。ボサボサ、ふぞろいなのはご愛嬌ということで。

どうです?ヒゲ〜ルさん、少し若返ったような気がしませんか?





posted by 0330yukainasakana0513 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

小さなご報告と4月のゲーム会について

いつもゆかいなさかなのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

木更津の実店舗にご来店いただいておりますお客様の中には
以前から「もうすぐ!」と、ご存知の方も多かったことなのですが、
「確か3月のおわりっていってたなぁ。そろそろかな?」と遠方より
このお知らせを楽しみにしていただいている方もいらしゃると思います
ので、「さかな一家」のまったく個人的な事柄ではございますがここで
ご報告させていただきます。

2012年3月22日午後11:06、さかな一家に新たな家族が増えました。
元気な男の子です。

ちょうどその日、今年の桜の開花のニュースがありました。

リビングで育てていた知人からいただいたアマリリスもキレイな白い花が
開き始めました。

そんなことも重なって


咲太朗(さくたろう)


という名前をつけました。

「ゆかいなさかなのさくちゃん」なーんて言っていただき、皆様にその成長を
見守っていただければ幸いです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

(※こちらの出産のお知らせは数日いたしましたらブログより削除させていただきます。)
…と思っておりましたが、嬉しいコメントもいただいておりますので、
削除せずこのまま残すことにしました。

尚、毎月開催しておりました「夜のゲーム会」ですが、誠に勝手ながら4月のゲーム会は
おやすみさせていただきます。5月より再開の予定ですのでどうぞご了承下さい。

ゆかいなさかな
黒川昌樹

posted by 0330yukainasakana0513 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

ゆかいなさいころ

3年前にくろちゃんが書いた『ゆかいなさいころコロコロ旅日記』、
久々に読み返してみたら、なかなかおもしろい‥
実際、プレイスペースこのさいころを置いておくと、
お子さんはよくあそんでくれてます。

イメージが湧きやすくなるのかもしれませんね。

「ゆかいなさいころコロコロ旅日記その1」キーナーモザイク編
「ゆかいなさいころコロコロ旅日記その2」リグノ編
posted by 0330yukainasakana0513 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

積み木の「あそび方」とは?

「このおもちゃ、前に別のおもちゃ屋さんで買ったんですけど
あそび方がわからないんです。教えてください。」とご相談を受けることがあります。
とくに多いのはスイス・ネフ社の積み木に関するもので、決して商品は安いものではないのですが
「人にいいって聞いたから・有名だから・インテリアにもなるから・何となく勢いで‥」
という理由で購入した方が多いようです。

私たちもおもちゃの世界に興味を持つきっかけになったのはネフ社の積み木です。
前の職場では毎日のように積み木のパフォーマンスをして
「いいおもちゃの代表」のようにご紹介していましたし、
千葉に戻って今のお店を始めた頃は、
毎日午後2時から「ネフのパフォーマンス」の時間にしよう!と決めていたくらいです。

しかしお店を始めて、毎日いろいろなお子さんに接しているうちに、
だんだんとおもちゃに対する考え方が変わってきました。
今も自分たちの想いとともに、お店に置きたいおもちゃは日々変化し続けています。

ネフの積み木はもちろん今でも好き(ゆかいなさかなのイチオシは「リグノ」)ですが、
他にも紹介していきたいおもちゃはたくさんあります。
そして、今は子どもに与えるおもちゃに大人の想いを押し付けてしまうのではなく、
子どもの要求に応えてくれるおもちゃを、大人がしっかりと選んで与えてあげて欲しいと思っています。

今でも時々「イベントでネフの積木のパフォーマンスをしてください」と依頼を受け、
くろちゃんは出張することがありますが、
「手品みたいでかっこいい。買って同じパフォーマンスを自分の子どもの前でできるようになりたい!!」
と言う大人の方が結構いらっしゃいます。
かっこいい、と思ってくれるのは嬉しいことですが、積み木は決して手品の道具ではありません。
「同じことをやりたい」という想いが強すぎると、いざ購入したものの手が動かなくなってしまい、
結局箱にしまったまま、になってしまうことが多いようです。

パフォーマンスをそのまま再現しようとか、うまく出来るようになろうなんて思う必要はありません。
やはり「かっこいい」の感想の後に実際にあそんでみて「おもしろい!!もっともっとあそびたい!!」
という感想を持って購入に至って欲しいものです。
パフォーマンスをビデオに撮って一生懸命覚えて練習するのもお子さんの為だとは思いますが、
その行為こそあそびの幅を限定させてしまっている気がします。

積木だからといって積むだけがお子さんのあそびではありません。ごっこあそびの中で、
また他のおもちゃと自由に組み合わせて更に世界を広げていけるよう、
大人は見守ってあげるところから、でいいのだと思います。

また高い積木なのに子どもにあそばせると傷や凹みができる、もったいなくで出せない!」
という方もいらっしゃいますが、それこそ一番もったいないことではないでしょうか。

neaf-tsumiki.JPG
写真はプレイスペースに置いているネフの積み木、中には10年以上使用しているものもあります。

posted by 0330yukainasakana0513 at 15:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

「ディクシットシリーズ」どれを買おうかなとお悩みの方へ

昨夜のゲーム会で「ディクシットオデッセイ」を8人であそんでみました。
最大12人であそべるというオデッセイですが、なかなかそんな大人数であそぶ機会はなく、
8人であそぶのも初めて、どんな感じになるかなぁと楽しみにしていました。

dixit-1.jpg
ディクシット」、「ディクシット2(カードのみ)」そして最近発売された「ディクシットオデッセイ」、
オデッセイはその箱に「ディクシット」「ディクシット2」のカードを収納できる場所があり、
しかも大人数であそべる!ということで何ともお得感があります。
一番最初に出た「ディクシット」と最近発売された「ディクシットオデッセイ」、
どちらを買うのがいいのかなぁとご相談を受けることも多いので、
今回あそんでみて感じた感想を少し書かせていただきます。
選ぶ時のご参考にしていただければと思います。


dixt-2.jpg
ゲームを始める前に‥
写真はオデッセイの投票ボードです。
投票したい絵の番号のところに投票トークンを入れるのですが、
ボードに軽く入っているだけの為このまま机に置くことができません。

dixit-3.jpg
大人数であそぶ場合には得点計算にも少し時間がかかるので
ずっと手に持っておくのは疲れるよね、という訳で今回使用したサンプルには
厚紙を使って少し高さをつけました。
しかしこれをつけてしまうと得点ボードの全ては箱に収まらない!!という難題発生‥
今後もっといい方法を考えます。


dixit-4.jpg
実際に8人であそんでみて‥
昨夜あそんだ8人は既に「ディクシット」をあそんだことのあるばかりだったので、
ルールの説明はほとんど必要なかったのですが、
それでも1周(ひとり1回ずつお題を出す)だけで50分近くかかり、
その間にひとりが見事ゴールしゲームが終了しました。
大半を占めたのは「得点計算」の時間です。
得点ボードもうさぎのコマが密集していると狭くてちょっと動かしづらいかなぁという印象でした。

ディクシットのおもしろいところは、誰かの出した絵を当てたり
自分の出した絵に投票されたりという嬉しさもあると思いますが、
「自分で絵に題名をつける」という斬新さにあると思います。
いい題名が浮かんだら早く自分の番が来ないかなぁと待ち遠しくなります。
あまり人数が多すぎると題名を考える緊張感や楽しみが薄れ、
ディクシット本来のおもしろさがおさえられてしまう気がします。

「ディクシット」「ディクシット2(カードのみ)」「ディクシットオデッセイ」
それぞれでカードの絵柄の雰囲気が違うのでお好みはあるかと思います。

これからご購入を考えている方で「ディクシット」と「ディクシットオデッセイ」の
どちらを買おうか迷っている方も多いと思いますが、ゆかいなさかなのオススメは
あそびやすさと初めての方やお子さんも題名をつけやすい絵柄の多さで断然!!
最初に発売された「ディクシット」です。
「ディクシットオデッセイ」では追加ルールを加えて楽しむこともできますが、
4〜6人までであそぶならやはり「ディクシット」の方がいいと思います。

ちなみに‥前にゲーム会で「ディクシット」をご紹介した時、
そのあまりの面白さに絵柄を「見ているだけで幸せ!!楽しい!!家でゆっくり眺めたい!!
今日はとりあえず‥」となんと「ディクシット2(カードのみ)」から買ってくださった方もいます。
ディクシットシリーズは何から選んでも間違いでも損でもない、そう思わせてくれるゲームです。
絵柄の種類が増えるのはそれだけで嬉しいものです。

posted by 0330yukainasakana0513 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

あんまり背伸びをしなくていいんじゃない?

最近徐々に広まりつつあるドイツのカード・ボードゲームですが、そのあまりの数の多さに
いったい何を買ったらいいのか‥とご相談いただくことがとても多くなってきました。
大人同士であそぶものをお探しであればいろいろなところから情報を収集して、
自分好みのものを絞り込むこともできるかと思いますが、子どもの場合は「年齢」がひとつの
「便利な目安」になることもあれば、逆に人を惑わす「障害物」になることもあります。

pengin.JPG

ほとんどのゲームのパッケージには世界中の人がひと目でわかる、
とても親切な表示があります。
「対象年齢やプレイ人数、プレイ時間」などなのですが、メーカーの判断で記入されたものなので、
実際あそんでみるとこの表示とはちょっと違うよなぁ、ということが子ども向けゲームの「対象年齢」の部分に時々あります。
なので、ゆかいなさかながお子さんにゲームを紹介する時は、自分たちであそんだ上で判断した
「あそべる年齢」や、この子はこのゲーム好きそうだなぁという「勘!?」をもとに選んでご紹介しています。
でもいくらお子さんが面白がってあそんでくれていても、パッケージに書かれている年齢を信じて疑わない大人の方も多くいらっしゃいます。(そんなお気持ちもわかりますが‥、そんなに目の前の子どもの姿や、さかな2人の言うことが信用できませんか(泣っ)‥おーいおい(涙なみだ‥))
「うちの子5歳なんだけど、こんな小さな子向けのゲームで盛り上がってて大丈夫なのかしら。もっと頭を使うゲームないですか。」とか
「ボードゲームは初めてだけど、もう10歳だから、これ出来ますよね。」と、とても初心者向けとは言えないゲームをやりたがる方‥いろいろです。


最近日本で発売されるボードゲームなどにはよく「右脳を刺激」とか「算数が得意になる」と
何かしらの効果を期待させるフレーズがパッケージにごちゃごちゃと書かれています。
そういった先入観(ボードゲーム=教育的効果があるもの) を植えつけられてしまうと、
ゲームを選ぶ基準そのものが変わってしまいます。

選ぶ基準をあそんでみた率直な感想「おもしろい、おもしろくない」で判断していただけると、
パッケージに書かれている年齢もそんなに気にならなくなるのかもしれませんね。

posted by 0330yukainasakana0513 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

「脳にいいおもちゃ」???

最近特に多い大人の方からの質問で「脳にいいおもちゃってありますか?」というものがあります。
少し前だと「頭がよくなるおもちゃってありますか?」という質問が多かったのですが、
近頃のテレビや本の影響なのでしょうか。

おもちゃに求めるものは「おもしろい」、それだけで十分だと思います。
お子さんが手にとってあそんでみて「おもしろい」と判断すれば、
どんな素材もおもちゃであれずっとあそぶだろうし、
「おもしろくない」と判断すれば、あそばなくなるでしょう。
おもちゃの世界はとってもシンプルです。
あとは大人の関わり方で、お子さんの興味も更に深まっていくものだと思います。

おもちゃに「脳の発達・ひとりであそんでくれる・散らからない・安全‥」
と全てを求めてしまうのはちょっと違う気がします。

例えば、のお話ですが
お母さんの真似をしてままごとあそびをしているお子さんに「何作ってるの?」とか
「あー、美味しい。おかわりちょうだい。」と一声かけるだけでお子さんは嬉しそうな顔をします。
当然あそびも深まって、お子さんもその中でさまざまな発見をしていくことでしょう。

一方で「男の子なのにおままごとなんかして!」とか「買ってあげてもどうせすぐに飽きるでしょ!!」
声をかける大人の方も多いようです。
ままごとあそびを始めるのは、いつも近くにいる大好きなお母さんをしっかり見てくれている証拠で、とても嬉しいことだと思います。
それなのにそんなことをお母さんから言われてはお子さんもきっと傷つくでしょうし、
あそぶ手も止まってしまうことでしょう。

同じものであそんでいても、大人の声かけひとつでその後のあそびの様子は変わってきます。
ずっとお子さんと会話し続けなくても、傍にいて、時々あそびを更に膨らませてあげるような
やさしい声かけをしてあげるだけで随分変わってくるはずです。


「脳にいいおもちゃ」よりもまず「お母さんと一緒にいる安心」を与えてあげて欲しいです。
その空間に「おもちゃ」があれば嬉しいなぁと思います。
posted by 0330yukainasakana0513 at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

「ゆかいなさかな開店3周年記念セール」のお知らせ!

いつも「ゆかいなさかな」をご利用いただきまして
誠にありがとうございます。

たくさんのお客様に支えられ・育てられ、
ゆかいなさかなはこの夏、開店より3周年を迎える
ことができました。(2007年8月17日営業開始)

開店3周年を記念いたしまして、皆様への感謝の
気持ちを込めて以下のようにセールを開催いたします。

9日間のお得なセールです!皆様お見逃しのないように、
お買い物をお楽しみいただければと思います!

皆様のご利用を心よりお待ちしております。
また、今後ともゆかいなさかなをどうぞよろしく
お願い申し上げます。

                 ゆかいなさかな
                   黒川 昌樹
                   黒川 花奈                      

○「ゆかいなさかな開店3周年記念セール」○

期間:2010年8月14日(土)〜8月22日(日)

ネットショップでのセール
・掲載商品全品10%off!しています。
 (期間中の表示価格は割引後の価格です)
・割引後の商品代金合計¥10000以上で送料無料!
・ポイントは通常期と同じようにお付けします
 また、ポイントを使ってのお買い物も可能です


「実店舗でのセール」
・現金でのお支払いで店内商品全品10%off!
※クレジットカード・ギフトカードでのお支払いは
 7%offとさせていただきます。
・実店舗で割引後の商品代金(税込)¥10000円以上の
 お買い上げの方に9月1日〜10月31日までお使い
 いただける¥500分の「ゆかいなさかなお買い物券」
 をプレゼント!
※実店舗ではセール期間中、店頭で発行している
 ポイントカードへのポイントはお付けしません。
 ご了承下さい。
※実店舗では品切れ品・お取り寄せ品も割引の対象
 です。入荷次第お引取り・お支払いいただきます。 
(お取り寄せはお一人5点まで承ります。)

posted by 0330yukainasakana0513 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

透ける?透けない?

…変なタイトルですね。
最近、某大手スポーツ用品メーカーの新作水着の素材が透けてしまうものだったため、数千着を回収することになったというニュースがありましたが全く関係ありません。

この透ける・透けないは私たちが扱うボードゲームやカードゲームで使われている「カード」にも色々な種類がある!というお話です。

昨日のブログの続きのような感じになりますが、「算数ゲーム研究所 キュリオキッズ」のMさんを帰り際、最寄のバス停までお送りした際にそんなお話になったのです。

ゲームで使うカードやトランプのカード等、一見すると同じようなものでも実は用途によって製造方法が違い、「裏側が透けていいもの」と「透けては困るもの」でカードの作りが違い、それにかかるコストも違うというのを教えていただきました。

「裏が透けてもゲームに全く支障のないカード」は、
紙の両面にプリントがされたものが多く、
「裏が透けては困るもの」は、
表側の紙と裏側の紙の間に柄が透けないようなシートが挟み込んである3層構造で、その紙の両面にプリントがされている!との事でした。

「確かに!」ゲームによって裏が透けてしまってはゲームが成立しないものが多いですよね。
Mさんをお送りした後、店に戻って早速色々なメーカーの色々なカードを照明に透かしてみました!

「いろんなカードを照明に〜透かしてみ〜れ〜ば〜」
(「手のひらを太陽に」で歌ってみましょう!)


10071501.gifまずは、老舗ラベンスバーガーの定番「ハゲタカのえじき」のカード。これは透けては困る類に入ります。
…どれどれ、うん!さすがラベンスバーガー。
結果:透けない!







10071502.gif続けてこれも大手アミーゴの新作「サファリツアー
これも自分が持っているカードが相手にわかってはまずいゲームです。
…これも、大丈夫!
結果:透けない!






10071503.gif続けて、本日ルール紹介動画をアップしたドイツ・ハバの「カードゲーム果樹園」のカード。このゲームはカードの透ける透けないはゲームのルールやシステムに全く関与していません。なので透けてもOKなカード。
…裏側のプリントがはっきり見えますね!
結果:透ける!(透けてもOKなゲーム)





10071504.gifさぁ、あともう一つ、ギリシャ・チェローナの「ハリネズミ」のカード。これは「とっても厳密に言うと」できたらカードは透けない方が良いのでは?という内容のゲームなのですが…。
…うっすら裏のプリントが見えています。
結果:透けてる!







10071505.gifメーカーさんのために補足をしておきますと、山札として重ねたカードから1枚ずつをめくっていくタイプのゲームなので(透かすようなことはゲーム中に起こらないため)、このカードでも問題はありません!

百円均一などで販売されているトランプカードも、「ものによっては」間にシートのはさまっていないちょっと透けてしまうタイプのカードがあるそうですよ!


ちょっとした薀蓄(うんちく)として、カードを片手に
、「この紙はコストを抑えてるんだよ!」とか「透けないようにシートがはさまってるんだぜ!」とか言ってカッコつけちゃってください!






posted by 0330yukainasakana0513 at 14:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

マスマス、マスマティック!なんのこっちゃ!?


100714.gif昨日の午後、以前からお約束をしていた「算数ゲーム研究所 キュリオキッズ」のMさんがお店にいらっしゃって、キュリオキッズの開発したゲームを紹介してくださいました。(まぁ、言ったら営業ですね!)

持ってきていただいたゲームの説明を聞き、実際に遊んでみて、これは当店のお客様でも喜んでいただける方がいらっしゃるだろうと思い、早速取り扱いを始めることに決めました。

ひとしきりゲームの説明を聞き、お取り引き等についてのお話をした後は、今度はゆかいなさかながオススメする「数・算数の考え方」を含んだゲームの紹介タイムになだれこみ…、「あいだの数」「ダミー」「テイクイットイージー」「ロボ77」「ドメモ」など楽しく遊び、そのうち数点を気に入っていただけてお買い上げいただきました。(…あれ、ゲームの紹介に来ていただいたのに…。まぁいいか!)

新規取り扱いを始めたキュリオキッズのゲームは
以下の3種です。


mathmagicians box01.gif


マスマジシャン
推理と魔法の力でお互いのヒミツの数を当て合う対戦カードゲーム。







keidoro box 01.gif


けいどろ
ウサギ(怪盗)とカメ(けいさつ)のおいかけっこゲームです。+、−、×、÷の4種類のジャンプを使って逃げ回るうさぎを捕まえられるかな?







maciji box 01.gif


マシージ
ボード上に交互にチップをおいていき、ゴールを目指す論理思考ゲーム。

さかなMのお気に入りは、
数直線上で追いかけっこをする「けいどろ」。
3点とも遊んでいただけるサンプルもありまーす!
是非お試しくださーい!

posted by 0330yukainasakana0513 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。